一般貨物自動車運送事業(緑ナンバー)   560,000円(税込み)

一般貨物自動車運送事業(緑ナンバー)   560,000円(税込み)

 

一般貨物自動車運送事業、いわゆる緑ナンバーの取得の手続きです。
一般貨物自動車運送事業とは、他人の求めに応じ、有償で、自動車を使用して貨物を運送する事業のことです(特定貨物自動車運送事業を除く)。
一般貨物自動車運送事業をはじめるには、国土交通大臣または地方運輸局長の許可を受けなければいけません。

 

※この点、令和元年11月1日から一般貨物自動車運送事業の許可基準が厳しくなりました。
  令和元年11月1日から緑ナンバー(一般貨物自動車運送事業)の許可基準が変更となります。
 今までは、開業当初の資金は2か月分で良かったのですが、この改正により半年分の資金が必要となります。
 資金は銀行の残高証明が必要となります。
※上記の料金には登録免許税の120,000円を含みます。

手続きの流れ 必要書類

手続きの流れ

 

許可取得まで

お客様との面談・ヒアリング

調査

資料の収集(写真撮影含む)

書類作成

管轄の陸運局に提出

法令試験の受験

各地方運輸局での審査・許可決定

約3〜4か月後

一般貨物自動車運送事業の許可取得

許可取得までで必要な書類
(1)一般貨物自動車運送事業経営許可申請書
(2)事業用自動車の運行管理等の体制(様式例1)、事業計画を遂行するに足りる有資格者の運転者を確保する計画(別紙)()(3)事業開始に要する資金及び調達方法(様式例2)
(4)事業の用に供する施設の概要及び付近の状況を記載した書類
    イ.施設の案内図、見取図、平面(求積)図
    ロ.都市計画法等関係法令に抵触しないことの宣誓書
    ハ.施設の使用権原を証する書面
       自己所有・・・・不動産登記事項証明書等
       借入・・・・・・・・賃貸借契約書等の写し
    ニ.営業所、休憩・睡眠施設、車庫及び車庫前面道路の写真
    ホ.車庫前面道路の道路幅員証明書等(前面道路が国道の場合は不要)
    ヘ.計画する事業用自動車の使用権原を証する書面
       車両購入・・・・売買契約書又は売渡承諾書等の写し
       リース・・・・・・・自動車リース契約書の写し
       自己所有・・・・自動車車検証の写し
(5)既存の法人にあっては、次に掲げる書類
    イ.定款又は寄附行為及び登記事項証明書
    ロ.最近の事業年度における貸借対照表
    ハ.役員又は社員の名簿及び履歴書
(6)法人を設立しようとするものにあっては、次に掲げる書類
    イ.定款(会社法第30条第1項及びその準用規定により認証を必要と場合にあっては、認証のある定款)又は寄附行為の
      謄本
    ロ.発起人、社員又は設立者の名簿及び履歴書
    ハ.設立しようとする法人が株式会社である場合にあっては、株式の引受け又は出資の状況及び見込みを記載した書類
(7)個人にあっては、次に掲げる書類
    イ.資産目録及び残高証明書
    ロ.戸籍抄本
    ハ.履歴書
(8)法第5条(欠格事項)各号のいずれにも該当しない旨を証する書類
(9)運転者の一覧表
(10)運行管理者及び整備管理者の資格者証の写し
(11)貨物自動車利用運送をしようとするものにあっては、次に掲げる書類
    イ.利用事業者との運送に関する契約書の写し
    ロ.貨物自動車利用運送の用に供する施設に関する事項を記載した書類
      a.施設の使用権原を証する書面
        自己所有・・・・・・・不動産登記事項証明書等
        借入・・・・・・・・・・・賃貸借契約書等の写し
      b.貨物の保管体制を必要とする場合にあっては、保管施設の施設明細書