回送運行許可申請(新規)    66,000円(税込み)

回送運行許可  66,000円(税込み)

 

 自動車の販売、製作や陸送、分解整備を業とする者が、車検の有効期限が切れている車、登録のない車を公道で走らせる場合には、1台ずつ臨時運行の許可(仮ナンバーの取得)が必要となります。
 しかし、これらの自動車を1台ずつ臨時運行の許可を受けることは、メーカーやディーラ ーあるいは陸送業者にとって大変な負担となります。
 こうした自動車の輸送において、自動車の販売、製作や陸送、分解整備を業とする者に対して、自動車1台ずつ何度も臨時運行許可を受けなくても運行できるようにし、業者の負担を軽減したものがが回送運行許可制度です。
 この申請に関しては、各自動車整備振興会への許可申請と、許可が下りてからの番号標貸与申請の2段階の手続きがあります。

手続きの流れ 必要書類

手続きの流れ

 

第一段階(許可申請時)

お客様との面談・ヒアリング

資料の収集

書類作成

各自動車整備振興会へ提出

約二か月後

回送運行許可証の交付

第一段階までで必要な書類
(1)回送運行許可申請書
(2)商業登記簿謄本、又は 住民票 ( 交付 3 ヶ月以内のもの原本 )
(3)運転者等に対する法令関係研修の実施計画
(4)社内取扱内規を記載した書面
(5)管理責任者等の事業場(営業所)の配置計画
(6)販売又は分解整備を業とすることの書面(団体証明書)
(7)臨時運行許可証、又は受領印付申請書のコピー及び継続検査時の車検証又は整備記録簿コピー
  7台分(搬送の場合は積載車検証コピー)
(8)直前最近3ヶ月間の販売の実績(計画を含む)
(9)目的の追加申請書

 

第二段階(番号標貸与申請時)

自動車整備振興会からの許可証の受け取り

資料の収集(お客様からの収入印紙の受け取り含む)

書類作成

自動車整備振興会へ提出

約二週間後

番号標の交付

 

業務完了

第二段階までで必要な書類
(1)販売又は分解整備を業とすることの書面(団体証明書)
(2)許可証・番号標貸与申請書
(3)自賠責保険証書のコピー(更新期限月までの証書)
(4)収入印紙(期限日までの月数分)
(5)許可証・番号標の交付貸与表

回送運行許可申請(更新)  33,000円(税込み)

回送運行許可に関しましては、許可を取得した年月に応じて更新が異なります。
当事務所において新規のお手続きをされた方には、新規の料金の半額で更新の手続きをさせていただきます。