建設キャリアアップシステムとは

【目的】
建設キャリアアップシステムとは、建設業界において、技能者一人ひとりが、どのような資格を持ち、どのような現場で実績を積んだのかを一枚のカードにより蓄積していくことで、技能や実績を「見える化」し、技能者の経験や技能に応じた処遇の実現を目指すシステムです。

 

【仕組み】
●建設キャリアアップシステムは、全ての技能者や建設現場を対象にしています。
●現場に置かれたカードリーダーにカードをかざすことで、日々の経験をシステムに蓄積していきます。
●平成31年4月から本格的な運用が始まっております。